安心素材を無添加で

大切な家族だからエサではなく、安心できる手づくりごはんを。

原材料は「人間の消費に適合するもの」 安心・安全にこだわりました。

2009年6月1日より「愛玩動物用飼料の安全性の確保に関する法律」が施行されることになりました。これより以前、何の規制もなかった頃より、わんちゃんの食品の安全性は改善されたかもしれません。しかし、法律の名称を見てもわかるように、わんちゃんたちのごはんは食料品ではなく“飼料”なのです。量販店に並ぶペットフードの分類は“雑貨”で動植物関連品。つまり肥料やペット用品と同じ扱いなのです。これはどんなプレミアムフードでも同じです。さらに具体的な内容として、残留農薬・カビ毒・重金属・有害微生物・添加物の5項目に関して、個々の対象物質とその基準値が定められるということなのですが、素材の部位などについては言及されていないようです。
マダムトゥトゥがお届けするのは、わんちゃんの“エサ”ではなく“ごはん”です。その原料については「人間の消費に適合するもの」という基準を設けており、肉や魚はもちろん、野菜も人間が食べる物と同じ安心な食材を使用しています。もちろん、合成保存料・合成着色料・人工香料は無添加、遺伝子組み換え作物などは一切使用していません。大切なわんちゃんに安心して食べさせてあげられる人間基準の“ごはん”です。

原材料は「人間の消費に適合するもの」 安心・安全にこだわりました。
原材料は「人間の消費に適合するもの」 安心・安全にこだわりました。

愛犬の健康にこだわる飼い主さんのために、手づくりごはん推奨の獣医さんと共同開発。

「わんちゃんは、自分の子どもと同じ」という人が増えてきました。ならば、毎日同じ乾いた食事では味気ないし、健康にもよくありません。 食事についても人間と同じように考えてみてはどうだろう。そこから、開発は始まりました。
手づくりごはんには、新鮮な食材の持つミネラル分や水分がバランスよく含まれているため、自然に健康維持に必要な水分や栄養を摂ることができます。また、わんちゃんのご馳走便」は、栄養分の消化吸収率にもこだわり、内臓機能の衰えつつあるわんちゃんにも、消化しやすくなっています。
栄養バランスがよく、吸収されやすく、おいしく、飽きない…。さまざまな条件をクリアするために、食材選びはもちろん素材の組み合わせ、カットの仕方など、試行錯誤を重ねて完成しました。

コラム

ペットフードについて獣医さんの意見を伺いました。

あい動物病院 井上院長先生

●わんちゃんのご馳走便の評価
「わんちゃんのご馳走便」は、ライフスタイルに合った食生活の中で、最も重要な部分である「安全・安心」をもたらしてくれる、力強い味方であると思います。

●現在のドッグフードについて思うこと
現在の犬の食生活は、根拠のないドッグフードへの過信から、自由なスタイルでの食生活が奪われています。これからは、ドッグフードの不完全性を理解し、それぞれの個性に合った自由なスタイルでの食生活を愉しむべきであると思います。


あい動物病院・池上院長先生  略歴◎1987年宮崎大学農学部獣医学科修士課程修了/獣医師国家試験合格/ニューヨーク市、コロンビア大学付属セント・ルークス病院リューマチ学研究室研究員◎1989年開業動物病院研修医◎1993年ニューヨーク、アニマルメディカルセンターポストグラデュエイトコース修了◎1994年あい動物病院開業

吸収率測定実験 (2009年9月弊社調べ)
吸収率測定実験

粗蛋白質、粗繊維、粗灰分ともに、Bの「わんちゃんのご馳走便」の方が吸収率が良いという結果が出た。つまり、Bの方が、良質の蛋白質、アミノ酸やペプチド、さらには吸収率の高いミネラルを含んでいる可能性が高いと言える。

さらに詳しく見る
次のページへ
わんちゃんのご馳走便 わんちゃんの食育セット
お問い合わせフォームへ