小麦のちから

大地の恵み、小麦のちからをまるごといただきます。

食物繊維やカルシウムなどがたっぷり!体内環境に働きかける「小麦ブラン」。

小麦にはさまざまな栄養分が含まれていますが、中でも小麦ブランという小麦の外皮の部分には、食物繊維、カルシウム、マグネシウム、亜鉛、銅などが多く含まれているうえ、糖質が低く、通常の食事では不足しがちな栄養成分であることから、人間の健康食品としても注目されています。また、健康のためには体の中に溜まった老廃物を排出することが大切ですが、水分をたくさん吸収する性質を持った小麦ブランの食物繊維は、お腹の健康やダイエットをしっかりサポートします。「わんちゃんのご馳走便」には、良質な小麦ブランがたっぷり使われています。ご家庭での手づくりごはんと差が出るのはこの“小麦のちから”。小麦粉メーカーだからこそできる、麦の恵みを生かしたプロの手づくりごはんです。

食物繊維やカルシウムなどがたっぷり!体内環境を整える作用もある「小麦ブラン」。

「小麦胚芽」は植物の卵。抜群の栄養バランスが
わんちゃんのしなやかで軽快な毎日を応援します。

小麦一粒に2パーセントしか含まれていない小麦胚芽は小麦の生命源。若返りビタミンとして強力な抗酸化作用があるビタミンE、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6などのビタミン類、カルシウム、鉄、マグネシウムなどのミネラル類をはじめ、命を育むための栄養素をバランス良く含んでおり、植物の卵と言われています。この小麦胚芽を使用した「わんちゃんのご馳走便」は、毎日与えていただくことで、健康的な皮膚・被毛を保つほか、スムーズで軽やかな動作や『食べる・噛む』健康をサポートします。

「小麦胚芽」は植物の卵。栄養バランス抜群だから、肌・被毛・骨・歯…さまざまな効果が期待できます。

コラム

製粉会社がペットフードを作っているのはなぜか、とよく尋ねられます。

製粉会社がペットフードを作っているのはなぜか、とよく尋ねられます。

きっかけは社内の雑談でした。営業本部長のお宅のわんちゃんが病気になり、心配した本部長のひとこと。「人間が体調の悪い時に食べたい物はおおよそ想像できるが、うちのわんちゃんには何を食べさせたらいいんだろう…。」
近畿製粉は、1948年の創業以来、人の食に大きく関わってきた小麦粉メーカーです。そして今や、小麦は人の食生活・健康に欠かせないものとなりました。
一方ペットは、一昔前の番犬から大切な家族になり、人の心の健康や日々の充実した生活に欠かせない存在となっています。それなのに、安心して食べさせてあげられるペットフードがないことに、私たちはそのとき気づいたのです。人を健康にし、幸せにするのは人間の食だけではなかったのです。食に関わって来た私たちが、次に目指したのは、人間の大切なパートナーであるわんちゃんの健康を考えることでした。
たくさんの本を読み、いろいろな方にペットの健康に関するお話もたくさん聞きました。さまざまな獣医さんを訪ね、わんちゃんのごはんについて検討した結果、「手づくりで行こう!」と決めたのです。私たちの会社は巨大企業ではありませんから、逆に手づくりに対応できるのではないか…と。
素材となる食材選びにも時間をかけ、産地まで出向いたことも度々。そして、手づくりごはん推奨の獣医さんと共同で開発を進めるうちに、ようやく完成したのが「わんちゃんのご馳走便」です。わんちゃんの健康と長生きを願う私たちの思いが詰まったこの手づくりごはんを、みなさまの大切なわんちゃんの健康づくりのお役にたてていただければ本望です。


次のページへ
わんちゃんのご馳走便 わんちゃんの食育セット
お問い合わせフォームへ